税務調査のことばかり調べていたら、国税調査という言葉もチラホラ
この二つの違いって何か分かりますか?調べたところによると国税調査をするのは国税の職員で、その職員の所属先は各地方の国税局調査査察部か調査部及び国税庁調査査察部という部署で、国税調査は査察などで脱税の摘発をするというところにあり、査察が強制調査なら国税調査は任意調査になるそうです。
強制か任意かという違いはあるけれど、「正しい課税のための調査」という点から見れば両者に違いなんてないのですが・・・。
国税調査の方法は国税の職員が調査対象へ出向き、そこで税務に関する書類や帳簿類を任意で提出してもらいそれを見て調査したり担当者に質問したりして、申告洩れや不審な点がないかを調査するというものです。
よくニュースで、「国税局から××億円の申告漏れを指摘され修正申告した」ということを聞くことがありますが、これこそが国税監査が行われ、国税当局が申告漏れ指摘をしたという事なのだそうです。

Read More>