Search Posts:

Archive for '税務と税金' Category

税務監査tと副業
シュウカツ - 9月 - 10th

日本の税金は申告して納税する申告納税方式になっているのは誰もが知っているとおもいますが、個人も法人も確定申告を行う必要があります。
会社勤めであれば、会社が納税を行ってくれるのですが最近多いのが副業で収入を得ている人です。
今ではインターネットの普及により、ネットで副業をしている人も多いのではないでしょうか。
オークションなどでものを売って副収入を得ている人もいると思いますが、会社で確定申告をしているから大丈夫だと思っていませんか。
そう思っていたら税務監査が来て、大きな追徴課税を課せられた人が大勢います。
実は副収入などで得た収入となると、自分で申告する必要性が出てきます。
会社で得た収入は会社で申告を知れくるとは思いますが、そうした個人でのものになると自分でしないと後から税務監査がきていたい目にあうので注意しましょう。といっても収入によっては申告の必要もない場合もあるので、個人的な収入がある場合は自分は申告が必要なのか必要ではないのかを調べておく必要があります。
税務監査に入られてから知ったとなっても遅いですよ。
ある知り合いがネットビシネスを細々としていたようですが、徐々に話題になり結構な収入になったのだとか。
だけど普段から税金のことなんて知らなかったので、申告などをしなかったようなのですが、税務監査がきて多額の追徴課税を払うことになって落ち込んでいました。こんなことの無いように、知らなかったでは済まないものですから、しっかりとした知識を得ておきましょうね。

Read More>

Comments Off
税務監査と確定申告
シュウカツ - 6月 - 27th

税務署の調査と確定申告の関係について調べてみました。
そもそも、確定申告しなければ税務署調査も来ないのでは?なんて勝手に思っていますが・・・。
確定申告の必要な人ってどんな人なんでしょうか?もしや私みたいな学生でも確定申告って必要なのかな~?
確定申告が必要な人は、
●サラリーマンの場合、給与所得や退職所得以外で所得が20万円を超える人
●個人事業主の場合、事業所得や不動産の所得があって、納付税額がある人
●給与を2か所以上からもらっている人
●給与から源泉徴収をされていない人
以上の4つに該当する人のようで、私には関係のないことでした。
確定申告をして、税務署が目をつける項目はどんなものがあるかも調べてみました。
個人の場合は主に所得税と消費税が目をつけられるそうです。
所得が多いのに、税金が支払われてなかったりすると即税務調査がやってきますよ~!

Read More>

Comments Off
税務監査~相続②~
シュウカツ - 6月 - 4th

税務署の調査で相続に関する税金で狙われやすいものをランキングで表してみました。
①郵便貯金
②割引債
③遠隔地預金
理由としては、「ここにおいとけば分からないでしょう」という正しくない情報が伝えられているからだそうです。
専門家の立場から言えば税務署が調べればいずれもわかるものなのだとか・・・。
嘘をついて後から修正申告やペナルティーをもらうくらいなら、正しく相続税の申告をしておいた方が無難なのではないかと思います。

Read More>

Comments Off
税務監査~相続①~
シュウカツ - 5月 - 30th

暮らしに身近な税金としていくつかピックアップしたけれど、いずれ私に関係してくる『相続税』についてもう少し調べてみようと思います!
親に相続税に関する質問ばかりしていたら、「早く居なくなって欲しいみたい」と嫌な顔をされてしまったので自分で調べることに・・・(^_^;)
相続と言って思いつくのは、預貯金、土地、借金などがあるのではと思います。
しかも、親が加入している保険も相続の対象となるらしく、目に見えるものから、見えないものまであり、どこまでが相続の範囲なのか迷ってしまいますよね!遺言書でも残っていれば別だけど・・・・。
とりあえず、税務署の調査が相続に関することでいつ来てもいいように、税務監査で指摘されやすい相続税について調べてみました。
家族名義の預貯金・・・名義預金とは実質的に夫の給与を妻や子などの名前で預金していることをいい、親族に名義を借りているのに過ぎない預金のことを名義預金という。なにも名義は実質的に被相続人に関係する預貯金と認められれば他の人の名義でも可能で、いくら妻がこの預貯金は自分の名前だからと言って夫の財産では無い!と主張しても税務署は許してくれないそうです。

Read More>

Comments Off
暮らしに身近な税金
シュウカツ - 5月 - 21st

税務署の役割や調査方法などを調べてきたけれど、暮らしに身近な税金のことをもっと詳しくしりたくなったので、調べてみました。身近な税金としてあげられるのが、
収入にかかる税金
 ・所得税・・・いろいろな所得を得たときに個人が国に納める税金。給与や退職金や商売で得た利益
        など、いろいろな所得に対しかかってくる税金のこと。
 ・住民税 ・・・各市町村が個人の所得に対して課税する税金です。しかし、専業主婦や学生のような
        所得のない人や生活保護を受けている人など特別な理由がある人は非課税になる。
消費にかかる税金 ・・・消費者全体が負担する税
住宅にかかる税金 ・・・住宅を取得した時や保有した時や譲渡した時や賃貸などによって税金が違ってくる。
自動車にかかる税金 ・・・車のにかかる税金で取得・保有・売却それぞれによって税金が異なる。
金融商品にかかる税金 ・・・預金商品・信託商品・株式の各税金がある。
相続にかかる税金 ・・・亡くなった人の財産を引き継いだ時にかかる税金
贈与にかかる税金・・・財産をもらった人時にかかる税金

Read More>

Comments Off
税務監査って?!