Search Posts:

Archive for '税務監査' Category

税務監査は怖くない
シュウカツ - 8月 - 5th

税務監査の為にと、色々な本やネットで対策方法が出ていますね。
税務監査といえば怖いものという印象を受けますが、何か悪いことをしていると確かに怖いものでしょう。
数百万から数千万円にも上る所得を隠していたのであれば、税務監査がいつくるか不安でしょうがないことと思われます。
税務調査がそういったところを調べにくるのは、悪いことをしているからであって、その事実を知った調べにくるのですからね。
だけどほとんどの税務監査は多くの場合は、申告内容の確認や決算の内容を確認に訪れるら目にくるのですから、普通に真面目な経営をしていたら特に怖いことなんてありません。たまに決算書の科目の処理が間違っていたりといったことが発覚することもありますが、そういったことは大したことにはなりません。
金額さえ間違っていなければ、そのことについては指摘してくれるだけになります。
税務署の人も問題ないですよといってくれます。
ただ税務監査でくる監査員でも、ベテランの人や新人の人もいます。
ベテランの人になると、調査の内容は経験から的確な効率的な作業になるのですが、新人さんとかになると結構細かく見られることになります。
時間もやはりベテランさんのほうが短くすみますね。
税務監査が来たらどうしようと、不安になってしまうかもしれませんが、日常からキチンをしておけば税務監査は怖くはありません。
来ても自信をもって対応できるようにしておくことが大切なことになります。

Read More>

Comments Off
マルサって何?
シュウカツ - 4月 - 7th

税務監査を見てくると出てくるマルサという言葉。これは何のことか知っていますか。
マルサの女という映画も有名ですが、きょうはマルサについて紹介。
マルサとは全国の国税局・国税事務所にある部署で査察部・査察課というところを通称マルサと呼びます。
普通の税務署とはどう違うのかというと、普通税務監査というのは任意の調査であり、都合の悪い日などであれば時間や日をずらしてもらうことが出来るのですが、マルサは強制調査権というものを持っています。
マルサに目をつけられれば、証拠が見つかるまで期限もなく調べられることになりまう。そうした調査で証拠が見つかることになれば裁判所がガサ入れの許可を出すことが出来るようになります。たいていの場合マルサが入ることになれば、脱税の証拠が出てきてしまいます。マルサがくるということ自体が、かなりの高確率で脱税が行われていることがバレていることの証明になります。
ただ、強制調査権を持つだけあり、その為に慎重に行う必要もあるのでよほどなことがなければありません。
強制調査権はありますが、取り調べは任意になりますし、逮捕などの権限は持たないのですが、取り調べを拒否したり引き伸ばしたりすると検察に告発され逮捕のきっかけともなります。
もしマルサに目をつけられた場合いは税務監査や査察を得意とする税理士に相談をしましょう。
ですが、マルサに入られるような場合は納税を自主的に行っているような場合がほとんどですので、そういったことをしないのが一番ですよね。

Read More>

Comments Off
赤字法人と税務監査
シュウカツ - 2月 - 10th

税務監査についてたまにきく、赤字だと税務監査が来ないという噂。
税理士さんもこうおっしゃる人がいるので、赤字にしておくなんてこともあるのではないかと思います。
中には実際には黒字決算なのに税務監査を避けるために赤字だと申告しているところもあるみたいです。
ですがこれは大きな間違い。赤字でも税務監査がくることがあります。
税務監査がきた法人への割合の30パーセントが赤字法人だというデータもあります。
このことから赤字だと税務監査がこないというというのが間違いだとわかりますね。
確かに本来の税務監査では黒字法人が節税や租税回避を行っているケースが多いのでそちらに多い傾向があったのですが、長引く不況の影響で黒字法人の割合が過去最低を記録するなど赤字法人が増加してるのです。
赤字法人が多いとそれだけ納税が少なくなりますね。
そうして税収が不足するのを回避する為に赤字法人でも税務監査に入るようになりました。
どんな会社でも細かいところまで見られると、何かが出てくる可能性が高いですよね。
領収書でも手書きのものや上様になっているものが入念にチェックされたり、外注先の金額が大きい場合には税務署員が先方に出向いて調査を行う場合もあるみたいです。
赤字法人だからといっていい加減に経理をしていては税務監査が入っていたい思いをするかもしれません。
そうしたことの内容に普段から信頼できる顧問税理士さんにお願いしたり、会計代行会社を選ぶようにしましょう。

Read More>

Comments Off
税務監査官
シュウカツ - 1月 - 18th

売上に計上モレがないか調べるのが税務調査官の一番のお仕事です。
例えば、現金売上がもれてないかや通帳が実はまだあるのじゃないか?周到に用意された方法を使って売上を計上していないかを見つけるのが税務監査官のお仕事ですが、どうやってこんなことがわかるのでしょうか不思議におもいませんか。
このわからなさそうなことでも社長への質問によってわかってしまうのです。
ですから税務監査の多くの時間に社長などへの質問の時間に費やされることがあります。
例えばある会社の売上だけを意図的に計上していなかった場合、監査官はまず最初に主な取引先について聞いてきます。
そうした場合、ある会社だけのことを伏せてほかの主要な取引先をあげますよね。
もちろん隠しているほうは、ばれないようにそういった質問には注意深く答えると思います。
監査官はそれもわかって次に違う質問をします。次は外注先についての質問。
きっと外注先のことを何気なく話してしまうとおもいますが、外注先の仕事についても質問され、段々と売上の計上を隠している会社との取引がみえてくるのです。
実際の監査官の質問はもっと上手なのですが、こうした社長への話からばれる場合が多くあります。素人が考える程度の脱税というのは簡単にその道のプロこと税務監査官にはばれてしまいます。今までにそうしたことを何件、何十件、何百件とみてくれば経験からすぐわかってしまうのです。
これで大丈夫だろうと甘い考えで隠してもこうして簡単にばれてしまいますので、悪いことはいけませんよ。

Read More>

Comments Off
税理監査証明所のこと
シュウカツ - 12月 - 8th

税務監査証明書とは、税理士法33条の2の規定により申告書に送付される書面のことを言います。
この書面は、税理士が税務申告書を作成する過程において、どの程度内容に関与し、どのように調整したものであるかを積極的に明らかにするもので申告時に送付するものになります。
この税務監査証明がある場合には、税務署が納税者に通知をして行う税務調査の場合には、事前に書面を添付した税理士の意見を聞かなければならないことになっていて、税理士の説明で納得できれば調査に入らないという場合もあるみたいですね。
真面目に経営をしていてきちんとした経理をしている場合でも、この書面を添付していない場合には税理士に添付しない理由を聞き、添付してもらえるようにしてもらいましょう。
もし虚偽記載があれば添付した税理士が厳しく罰せられることになるので、税理士は添付したがらず、添付実績は法人の5パーセントほどなんだとか。
毎月税理士事務所に訪問し、領収書、請求書、契約書などと帳簿を突き合わせて、正しい会計帳簿であるかをチェックし、税理士さんに会計システムや経理システムの効率化を図ってくれるための助言をしてくれる税理士さんもいらっしゃるそうです。
税務監査証明所は、税務署がまじめな納税者かどうかを判断する基準になります。
納税者にとっては税務調査の時間的負担や、精神的な負担が軽減されるものなので、一度税理士事務所に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

Read More>

Comments Off
税務監査のポイント
シュウカツ - 11月 - 9th

税務監査についてお話しています。
今年ももうすぐで終わりを迎えようとしていて、税務監査どころではない!と思われるかもしれませんが、とても大切なことなのでお話していきたいと思います。
税務監査に関するテキストには「税務監査では減族としてすべての伝票を証憑類との照合を行う。
また、非常に膨大な場合にかぎり異常数値をしめしている科目や証憑類との照合が必要な科目を選択し証憑類との照合を行わなければならない」といったように記載されています。
このような場合、重要な科目としてよく修繕費や保険料などが選ばれます。
今回は、このことについてお話していこうと戸もいます。
税務監査というのは、原則的にすべての伝票に対しての証憑類との照合が必要なのですが、非常に膨大な場合は、取引金額の重要性を判断して称号する取引を限定する必要があるのです。
重要な科目として修繕費や保険料が挙げられているのは、会計上修繕費だったり保険料が全額費用処理されがちな取引の中に税務上、費用処理することがみとめられていない取引があるからといえます。
修繕費には資本的支出に該当するための資産計上しなければならない取引が含まれている可能性があったり、保険料には費用の期間配分を行ったり計約内容にイよって保険積立金として資産計上しなければならない取引が含まれている可能性があるので、特に重点を置いて証憑類との照合をしなければいけないのだそうです。
また、取引の内容について処理の間違いをふせぐために証憑類の確認が必要になってくるのだそうです。

Read More>

Comments Off
税務監査はプロに任せて!
シュウカツ - 10月 - 8th

台風18号が急接近中です。
明け方(4~5時ごろ)なんですが、本当に風がひどく外では何かが割れる音や倒れる音がしてました・・・。
みなさんの地域はどうですか?
被害が少ないことを祈ります。
そんな日本全国的に大荒れの今日ですが、しかし秋と言えば税務調査が頻繁に行われるときでもありますよね!
税務署の調査が入る前に会社ないでの税務監査が必要になるんじゃないか?!ってことになると思うんです。
そんなときに必要になる帳簿類が見当たらないということになることがあるのでは・・・?!
今回は、税務監査で必要な帳簿などに関してお話していこうと思います。
税務監査で必要になってくる必要最低限のデータというのが、会計帳簿の伝票と電子会計データのほかに何が必要なのか?!
これは電子会計データという場合、電子保存の申請をしているか否かにもよるそうです。
もし、電子保存の申請をしていない場合は紙ベースでの保存が必要となるそうです。
それに、この税務監査に顧問の税理士がたちあうのであればその顧問税理士に従って帳簿やデータをそろえる方が一番安心だと思います。
無駄がはぶけるといいますか・・・・。
とにかく、秋は税務監査や税務調査などと本当に忙しい日が続くと思いますが、分からないときはプロに聞けばいい!という気持ちで監査に挑んでみてはいかがでしょうか?!

Read More>

Comments Off
税務監査の調査
シュウカツ - 9月 - 3rd

納税者にとって節税と脱税は天と地ほどの開きがあります。
税務監査の調査官は節税と脱税のことを紙一重だと思っているようです。
これは納税者の税金を安くしたいと考える行為が行う決算期後の行為だったり、未確定要素を本当に現実に起こったような行為を作りあげるからなのです。
それが税務監査が入ったことで棚卸などの評価方法に不備があるとして修正申告をするようにすすめられてしまった場合、たいていの場合はその企業などの経営に響くほどの金額になることは間違いありません。
しかし、このようなことはなぜ起こるのでしょうか?
それは、税務監査はその担当者によって監査の手法や税務の否認の仕方が大きく変わる点にあるのです。
正しい行為が否認されることはまずありません。
しかし、あまりにも度の過ぎた節税や租税の回避については所得隠しや脱税と判断される場合もあります。
脱税だと判断されてしまうと、映画「マルサの女」で有名な国税局の調査をうけることになり、検察に告発されて有罪が確定してしまえば、5年以下の懲役やせっかく免れた税金までもが罰金として加算される上に、追徴課税や延滞税と言ったものまで加算されます。
また、大手企業の場合は税務監査だけではすみません。
新聞などで即その会社の実態が明るみに出てしまい会社全体のイメージダウンをしてしまうことは言うまでもありません。
そんなことがないようにちゃんと税務監査を受けて税務調査をパスするようにしてください。

Read More>

Comments Off
税務監査と調査の違い
シュウカツ - 8月 - 11th

税務監査と調査の違いについてお話したいと思います。
みなさんは税務監査や調査の立会人になったことがありますか?
そんな経験をする人は本当に少ないと思いますが、税務監査や調査の立会って結構おもしろいものなんですよね!
最近の税務調査の場合は、「何かありましたら呼びます」というようにその企業なり個人なりを部屋から出してしまうケースも多々あるようですが、できることなら1度税務監査と調査の両方に立ち会ってみるのもいいかもしれませんね!
税務監査は組織的に行われますし、マニュアルも本当によくできています。
税務調査の場合は、調査官個人の能力に依存していたケースが多かったのですが、最近では会計数値をパソコンで管理するようになったためか、初日のヒアリングはマニュアルのとおりに行われているように思います。
しかし、税務監査で当たり前に行われている前期末の数値と今期首の数値が一致しているかどうかについての細かなチェックは税務調査ではマニュアル化されていない場合が多くあります。
そのためか、粉飾している企業はその過程でうっかり・・・なんてことがよくあるようです。
税務調査は損益中心に行われるために貸借対照表の残高自体を照合することに重点を置くことはないのですが、税務監査は貸借対照表の数値を詳細に調査することがよくあります。

Read More>

Comments Off
税務監査の役割
シュウカツ - 7月 - 9th

税務監査について調べています。
前回は税務調査と税務監査の違いについてお話しましたが、今回は会社設立に関することをかきたいと思います。
会社を設立するときに大切になってくる税務監査や会計監査業務というものです。
そこで、今回は税務監査や会計監査業務について調べたいと思います。
財務、総務、経理といった管理部は直接その会社の売り上げを生み出す部署ではありませんよね!
そういったことからこれらの管理部門の必要性は会社的に理解されていても、込み入っていてわずらわしい処理が多いため、どうしても敬遠されがちですよね!
しかし、法人というのはすべての取引における費用や、税務にかんすることも帳簿などにしっかりと記帳しておかなくてはいけないのです。
そして、その帳簿をもとにして、決算を組む必要があるのです。
税務署への申告をするのはもちろんですが、金融機関や株主といった「債権者」に対し、しっかりと決算の報告をしなければいけません.
金融機関などから融資を受ける時も必ず他の金融機関の融資の残高や毎月の決算予定など試算表を提出することが義務付けられています。
また、毎月作成されている試算表というのは、業の業績把握のためにも非常に重要なものなのです。
企業の実態を試算表の数値により正確に把握することができるように作成しなくてはいけないですし、それを読みこなしてそこから経営上の問題をしっかりと把握しながら、物事を効率よく行うことができるように改善することが大切なのです。
毎回その繰り返しによって、初めて会計というのは経営者にとっての羅針盤となるといっても過言ではありません。
その会計についていろいろと監督してもらい検査することが企業にとってはとても大切になってきます。
だからこそ、税務監査というのはとても重要なことだといえるのです。

Read More>

Comments Off
税務監査って?!