税務監査や確定申告する際、多くの税金を払うとは思うのですが、この税金とは何か知っていますか?
多くの人が当たり前のように知っているとはおもうのですが、今日は税金のことについて少しだけ詳しく見てみましょう。
まず税金というのは健康で豊かな生活を送るために必要な国や地方の財源となるものです。
法律に国民には税金を払う義務というものが生じます。
国民の三大義務の一つですね。
(あとの2つは覚えていますか?勤労の義務と教育の義務ですよ。なかなか思いだせないこともありますよね。)
私たちが納た税金というのは、公的のサービスなどに利用されます。
ゴミの処理から身の安全を守る警察、水道の整備、社会福祉、教育など私たちの生活を行う上でなくてはならないものになっています。
そしてこのようなサービスを維持する為にも税金というのはしっかり納めなくてはならないのですが、税金を払わない人がでてくるとこういったなくてはならないサービスの維持が出来なくなってしまいます。そこで税務監査といったような、しっかりと税金を払うためのシステムがあるのです。
私たち自身のためにも脱税など考えず、しっかりと税金を払わなければなりませんね。
ただ、役所などで不正など行われせっかく納めた税金などが無駄になってしまうと、払っているほうも悲しくなりますよね。
税金を払うほうも、税金を使うほうもしっかり行いたいものですね。
税務調査の徹底対策をするためにも税金のことをしっかり知っておきたいですね。

Read More>