日本の税金は申告して納税する申告納税方式になっているのは誰もが知っているとおもいますが、個人も法人も確定申告を行う必要があります。
会社勤めであれば、会社が納税を行ってくれるのですが最近多いのが副業で収入を得ている人です。

今ではインターネットの普及により、ネットで副業をしている人も多いのではないでしょうか。
オークションなどでものを売って副収入を得ている人もいると思いますが、会社で確定申告をしているから大丈夫だと思っていませんか。
そう思っていたら税務監査が来て、大きな追徴課税を課せられた人が大勢います。

実は副収入などで得た収入となると、自分で申告する必要性が出てきます。
会社で得た収入は会社で申告を知れくるとは思いますが、そうした個人でのものになると自分でしないと後から税務監査がきていたい目にあうので注意しましょう。といっても収入によっては申告の必要もない場合もあるので、個人的な収入がある場合は自分は申告が必要なのか必要ではないのかを調べておく必要があります。
税務監査に入られてから知ったとなっても遅いですよ。

ある知り合いがネットビシネスを細々としていたようですが、徐々に話題になり結構な収入になったのだとか。
だけど普段から税金のことなんて知らなかったので、申告などをしなかったようなのですが、税務監査がきて多額の追徴課税を払うことになって落ち込んでいました。こんなことの無いように、知らなかったでは済まないものですから、しっかりとした知識を得ておきましょうね。