税務監査を見てくると出てくるマルサという言葉。これは何のことか知っていますか。
マルサの女という映画も有名ですが、きょうはマルサについて紹介。
マルサとは全国の国税局・国税事務所にある部署で査察部・査察課というところを通称マルサと呼びます。
普通の税務署とはどう違うのかというと、普通税務監査というのは任意の調査であり、都合の悪い日などであれば時間や日をずらしてもらうことが出来るのですが、マルサは強制調査権というものを持っています。

マルサに目をつけられれば、証拠が見つかるまで期限もなく調べられることになりまう。そうした調査で証拠が見つかることになれば裁判所がガサ入れの許可を出すことが出来るようになります。たいていの場合マルサが入ることになれば、脱税の証拠が出てきてしまいます。マルサがくるということ自体が、かなりの高確率で脱税が行われていることがバレていることの証明になります。

ただ、強制調査権を持つだけあり、その為に慎重に行う必要もあるのでよほどなことがなければありません。
強制調査権はありますが、取り調べは任意になりますし、逮捕などの権限は持たないのですが、取り調べを拒否したり引き伸ばしたりすると検察に告発され逮捕のきっかけともなります。

もしマルサに目をつけられた場合いは税務監査や査察を得意とする税理士に相談をしましょう。
ですが、マルサに入られるような場合は納税を自主的に行っているような場合がほとんどですので、そういったことをしないのが一番ですよね。