ところで税理士さんと公認会計士さんの違いって知っていますか?
いつも会社では税理士さんにお願いしているのですが、公認会計士さんというのも聞きますよね。
どう違うか気になって調べてみることにしました。
同じ税金などのことについての専門家だとはおもうのですが、違いがわかりませんでした。

まず公認会計士というのは登録手続きをしたら、税理士さんとしての資格を得ることができるようです。
税理士は公認会計士の試験に合格しないと、公認会計士の資格は得ることが出来ないようになっているようです。

といっても両者の業務内容は違うものみたいですね。

税理士さんの仕事ですが、おなじみの簿記や会計などの国家試験に合格し、税理士会に登録されることで税理士として認められます。
税理士の主な仕事内容は、税務申告の代理業務です。こちらでもお世話になっていることですね・
後は税務訴訟においての補佐人として出廷したちと言ったなんとなく税理士さんといえばこんな仕事というお仕事ですね。

そして公認会計士は会計監査などの国家試験に合格し、公認会計士協会に登録されることが必要になります。
公認会計士の主な仕事は企業の監査業務。
一般投資家や債権者の変わりに企業の会計監査を行ったり、会計監査業務を行う前提で、決算書を作成したり、立案指導も。
あとはコンサルティングサービスなどといったような経営戦略や相談業務なども行うのが公認会計士なんだとか。

なんとなく会計士と聞くので、税理士さんと同じように税金のことについてなのかなと思っていたけれど、業務内容としてはちょっと方向が違うのですね。
今さらですがためになりました。