Search Posts:

税務監査tと副業
金 10 9月 2010 - Filed under: 税務と税金 — シュウカツ

日本の税金は申告して納税する申告納税方式になっているのは誰もが知っているとおもいますが、個人も法人も確定申告を行う必要があります。
会社勤めであれば、会社が納税を行ってくれるのですが最近多いのが副業で収入を得ている人です。

今ではインターネットの普及により、ネットで副業をしている人も多いのではないでしょうか。
オークションなどでものを売って副収入を得ている人もいると思いますが、会社で確定申告をしているから大丈夫だと思っていませんか。
そう思っていたら税務監査が来て、大きな追徴課税を課せられた人が大勢います。

実は副収入などで得た収入となると、自分で申告する必要性が出てきます。
会社で得た収入は会社で申告を知れくるとは思いますが、そうした個人でのものになると自分でしないと後から税務監査がきていたい目にあうので注意しましょう。といっても収入によっては申告の必要もない場合もあるので、個人的な収入がある場合は自分は申告が必要なのか必要ではないのかを調べておく必要があります。
税務監査に入られてから知ったとなっても遅いですよ。

ある知り合いがネットビシネスを細々としていたようですが、徐々に話題になり結構な収入になったのだとか。
だけど普段から税金のことなんて知らなかったので、申告などをしなかったようなのですが、税務監査がきて多額の追徴課税を払うことになって落ち込んでいました。こんなことの無いように、知らなかったでは済まないものですから、しっかりとした知識を得ておきましょうね。

>Comments Off

税務監査は怖くない
木 5 8月 2010 - Filed under: 税務監査 — シュウカツ

税務監査の為にと、色々な本やネットで対策方法が出ていますね。
税務監査といえば怖いものという印象を受けますが、何か悪いことをしていると確かに怖いものでしょう。
数百万から数千万円にも上る所得を隠していたのであれば、税務監査がいつくるか不安でしょうがないことと思われます。
税務調査がそういったところを調べにくるのは、悪いことをしているからであって、その事実を知った調べにくるのですからね。

だけどほとんどの税務監査は多くの場合は、申告内容の確認や決算の内容を確認に訪れるら目にくるのですから、普通に真面目な経営をしていたら特に怖いことなんてありません。たまに決算書の科目の処理が間違っていたりといったことが発覚することもありますが、そういったことは大したことにはなりません。
金額さえ間違っていなければ、そのことについては指摘してくれるだけになります。
税務署の人も問題ないですよといってくれます。

ただ税務監査でくる監査員でも、ベテランの人や新人の人もいます。
ベテランの人になると、調査の内容は経験から的確な効率的な作業になるのですが、新人さんとかになると結構細かく見られることになります。
時間もやはりベテランさんのほうが短くすみますね。

税務監査が来たらどうしようと、不安になってしまうかもしれませんが、日常からキチンをしておけば税務監査は怖くはありません。
来ても自信をもって対応できるようにしておくことが大切なことになります。

>Comments Off

査察の概要
水 14 7月 2010 - Filed under: 税務の雑談 — シュウカツ

平成21年の税務監査の結果について国税局からまとめが報告されています。
税務監査になった件数は213件となっていて、そのうち検察庁に告発した件数は149件だったそうです。
そして税務調査により発覚した脱税額は総額で290億円となっていて、1件当たりにすると1億7100万にも上るのだとか。
すごい額になっていますね。不況とはいっていますが、これだけのお金を隠しているものなのですねと少し感心してしまったり。

税務監査によって、こういった脱税が発覚するのですが脱税するほうも様々な手法を使って隠しています。
現金をダンボールや缶にいれてといった方法から、自宅の庭に埋めたりなんてするところあったりするそうです。
税務監査で発見する方もすごいですよね。
やはりそういった悪質な隠匿をする人が多いので税務監査をする人も探すことになれているのでしょうか?

告発の多かった業種は不動産、水商売といわれる飲食店、建設業、人材派遣業などが主に見られたそうです。
こういった業種はやはり脱税しやすいのでしょうか。

このほかに話題のタックスヘイブンで設立した会社に架空の経費を計上したりと手が込んできているのも現代の特徴ではないでしょうか。

脱税をするために色々な手法を使って隠している人が多くいますが、まるでドラマのようですね。
脱税はこのようにして、どんなに隠していてもバレますので、そうしたことを考えないようにしたいですね。

>Comments Off

税金って何
火 1 6月 2010 - Filed under: 未分類 — シュウカツ

税務監査や確定申告する際、多くの税金を払うとは思うのですが、この税金とは何か知っていますか?
多くの人が当たり前のように知っているとはおもうのですが、今日は税金のことについて少しだけ詳しく見てみましょう。

まず税金というのは健康で豊かな生活を送るために必要な国や地方の財源となるものです。
法律に国民には税金を払う義務というものが生じます。
国民の三大義務の一つですね。
(あとの2つは覚えていますか?勤労の義務と教育の義務ですよ。なかなか思いだせないこともありますよね。)

私たちが納た税金というのは、公的のサービスなどに利用されます。
ゴミの処理から身の安全を守る警察、水道の整備、社会福祉、教育など私たちの生活を行う上でなくてはならないものになっています。
そしてこのようなサービスを維持する為にも税金というのはしっかり納めなくてはならないのですが、税金を払わない人がでてくるとこういったなくてはならないサービスの維持が出来なくなってしまいます。そこで税務監査といったような、しっかりと税金を払うためのシステムがあるのです。

私たち自身のためにも脱税など考えず、しっかりと税金を払わなければなりませんね。

ただ、役所などで不正など行われせっかく納めた税金などが無駄になってしまうと、払っているほうも悲しくなりますよね。
税金を払うほうも、税金を使うほうもしっかり行いたいものですね。
税務調査の徹底対策をするためにも税金のことをしっかり知っておきたいですね。

>Comments Off

監査役
月 10 5月 2010 - Filed under: 税務の雑談 — シュウカツ

監査役を顧問税理士さんに頼もうと思っている企業もあると思います。
この監査役というのは、会社がしっかりとした書類を作成し、法律に準じた業務を行っているかを見る役割のことです。
正しい業務を行っているかなどを見るこの監査人というのは、会社にとっても重い役割を持っているものですが、これを誰に頼めば良いか分からない場合もあると思います。
会社によっては、社長などの知り合いに頼んでいたりと、しっかりと監査を行っているのか疑問に思う方が就任している場合もありますが、このような大事や役割を名目上の人に任すのは不安だから、顧問税理士に頼むことが出来るのかといった相談を受けました。

この監査役ですが、会社の社員などでは兼ねることが出来ません。商法では使用人にこの監査役はできないことになっています。
使用人とが外部に報酬を払って頼んでいるところも使用人にはいってしまうので、顧問税理士に監査役を頼むことは良いのか、ダメなのか難しいところがあります。

新会社法で監査役は少しかわって、今まで監査役は置かなければならなかったのですが、一定の基準に基づいているなら監査役が必要のない場合もあります。一度必要なのかどうかを調べてみるのもいいかもしれません。
監査役は独立性を有していることが必要になります。実際に税理士さんにお願いしてるところもあるようですが、客観性があるのかどうかが少し疑問視する点もあったりします。疑問に思って調べてみたのですが、どうもはっきりとした正解が出てきませんでした。
また調べてみたいと思いますね。

>Comments Off

マルサって何?
水 7 4月 2010 - Filed under: 税務監査 — シュウカツ

税務監査を見てくると出てくるマルサという言葉。これは何のことか知っていますか。
マルサの女という映画も有名ですが、きょうはマルサについて紹介。
マルサとは全国の国税局・国税事務所にある部署で査察部・査察課というところを通称マルサと呼びます。
普通の税務署とはどう違うのかというと、普通税務監査というのは任意の調査であり、都合の悪い日などであれば時間や日をずらしてもらうことが出来るのですが、マルサは強制調査権というものを持っています。

マルサに目をつけられれば、証拠が見つかるまで期限もなく調べられることになりまう。そうした調査で証拠が見つかることになれば裁判所がガサ入れの許可を出すことが出来るようになります。たいていの場合マルサが入ることになれば、脱税の証拠が出てきてしまいます。マルサがくるということ自体が、かなりの高確率で脱税が行われていることがバレていることの証明になります。

ただ、強制調査権を持つだけあり、その為に慎重に行う必要もあるのでよほどなことがなければありません。
強制調査権はありますが、取り調べは任意になりますし、逮捕などの権限は持たないのですが、取り調べを拒否したり引き伸ばしたりすると検察に告発され逮捕のきっかけともなります。

もしマルサに目をつけられた場合いは税務監査や査察を得意とする税理士に相談をしましょう。
ですが、マルサに入られるような場合は納税を自主的に行っているような場合がほとんどですので、そういったことをしないのが一番ですよね。

>Comments Off

公認会計士と税理士
木 4 3月 2010 - Filed under: 税務の雑談 — シュウカツ

ところで税理士さんと公認会計士さんの違いって知っていますか?
いつも会社では税理士さんにお願いしているのですが、公認会計士さんというのも聞きますよね。
どう違うか気になって調べてみることにしました。
同じ税金などのことについての専門家だとはおもうのですが、違いがわかりませんでした。

まず公認会計士というのは登録手続きをしたら、税理士さんとしての資格を得ることができるようです。
税理士は公認会計士の試験に合格しないと、公認会計士の資格は得ることが出来ないようになっているようです。

といっても両者の業務内容は違うものみたいですね。

税理士さんの仕事ですが、おなじみの簿記や会計などの国家試験に合格し、税理士会に登録されることで税理士として認められます。
税理士の主な仕事内容は、税務申告の代理業務です。こちらでもお世話になっていることですね・
後は税務訴訟においての補佐人として出廷したちと言ったなんとなく税理士さんといえばこんな仕事というお仕事ですね。

そして公認会計士は会計監査などの国家試験に合格し、公認会計士協会に登録されることが必要になります。
公認会計士の主な仕事は企業の監査業務。
一般投資家や債権者の変わりに企業の会計監査を行ったり、会計監査業務を行う前提で、決算書を作成したり、立案指導も。
あとはコンサルティングサービスなどといったような経営戦略や相談業務なども行うのが公認会計士なんだとか。

なんとなく会計士と聞くので、税理士さんと同じように税金のことについてなのかなと思っていたけれど、業務内容としてはちょっと方向が違うのですね。
今さらですがためになりました。

>Comments Off

赤字法人と税務監査
水 10 2月 2010 - Filed under: 税務監査 — シュウカツ

税務監査についてたまにきく、赤字だと税務監査が来ないという噂。

税理士さんもこうおっしゃる人がいるので、赤字にしておくなんてこともあるのではないかと思います。
中には実際には黒字決算なのに税務監査を避けるために赤字だと申告しているところもあるみたいです。
ですがこれは大きな間違い。赤字でも税務監査がくることがあります。

税務監査がきた法人への割合の30パーセントが赤字法人だというデータもあります。
このことから赤字だと税務監査がこないというというのが間違いだとわかりますね。

確かに本来の税務監査では黒字法人が節税や租税回避を行っているケースが多いのでそちらに多い傾向があったのですが、長引く不況の影響で黒字法人の割合が過去最低を記録するなど赤字法人が増加してるのです。
赤字法人が多いとそれだけ納税が少なくなりますね。
そうして税収が不足するのを回避する為に赤字法人でも税務監査に入るようになりました。

どんな会社でも細かいところまで見られると、何かが出てくる可能性が高いですよね。
領収書でも手書きのものや上様になっているものが入念にチェックされたり、外注先の金額が大きい場合には税務署員が先方に出向いて調査を行う場合もあるみたいです。
赤字法人だからといっていい加減に経理をしていては税務監査が入っていたい思いをするかもしれません。

そうしたことの内容に普段から信頼できる顧問税理士さんにお願いしたり、会計代行会社を選ぶようにしましょう。

>Comments Off

税務監査官
月 18 1月 2010 - Filed under: 税務監査 — シュウカツ

売上に計上モレがないか調べるのが税務調査官の一番のお仕事です。

例えば、現金売上がもれてないかや通帳が実はまだあるのじゃないか?周到に用意された方法を使って売上を計上していないかを見つけるのが税務監査官のお仕事ですが、どうやってこんなことがわかるのでしょうか不思議におもいませんか。

このわからなさそうなことでも社長への質問によってわかってしまうのです。
ですから税務監査の多くの時間に社長などへの質問の時間に費やされることがあります。
例えばある会社の売上だけを意図的に計上していなかった場合、監査官はまず最初に主な取引先について聞いてきます。
そうした場合、ある会社だけのことを伏せてほかの主要な取引先をあげますよね。

もちろん隠しているほうは、ばれないようにそういった質問には注意深く答えると思います。

監査官はそれもわかって次に違う質問をします。次は外注先についての質問。
きっと外注先のことを何気なく話してしまうとおもいますが、外注先の仕事についても質問され、段々と売上の計上を隠している会社との取引がみえてくるのです。
実際の監査官の質問はもっと上手なのですが、こうした社長への話からばれる場合が多くあります。素人が考える程度の脱税というのは簡単にその道のプロこと税務監査官にはばれてしまいます。今までにそうしたことを何件、何十件、何百件とみてくれば経験からすぐわかってしまうのです。
これで大丈夫だろうと甘い考えで隠してもこうして簡単にばれてしまいますので、悪いことはいけませんよ。

>Comments Off

税理監査証明所のこと
火 8 12月 2009 - Filed under: 税務監査 — シュウカツ

税務監査証明書とは、税理士法33条の2の規定により申告書に送付される書面のことを言います。
この書面は、税理士が税務申告書を作成する過程において、どの程度内容に関与し、どのように調整したものであるかを積極的に明らかにするもので申告時に送付するものになります。

この税務監査証明がある場合には、税務署が納税者に通知をして行う税務調査の場合には、事前に書面を添付した税理士の意見を聞かなければならないことになっていて、税理士の説明で納得できれば調査に入らないという場合もあるみたいですね。
真面目に経営をしていてきちんとした経理をしている場合でも、この書面を添付していない場合には税理士に添付しない理由を聞き、添付してもらえるようにしてもらいましょう。

もし虚偽記載があれば添付した税理士が厳しく罰せられることになるので、税理士は添付したがらず、添付実績は法人の5パーセントほどなんだとか。

毎月税理士事務所に訪問し、領収書、請求書、契約書などと帳簿を突き合わせて、正しい会計帳簿であるかをチェックし、税理士さんに会計システムや経理システムの効率化を図ってくれるための助言をしてくれる税理士さんもいらっしゃるそうです。
税務監査証明所は、税務署がまじめな納税者かどうかを判断する基準になります。

納税者にとっては税務調査の時間的負担や、精神的な負担が軽減されるものなので、一度税理士事務所に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

>Comments Off

税務監査って?!